読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サッカーファンの試合記録

ファン目線の感想

ドイツ対ウクライナ

〜余談〜

ドイツはフランスと並ぶ優勝候補ですね。優勝すれば、スペイン以来のメジャー大会連覇です。
そこでドイツと言えば、、、
サッカーファンなら分かると思う。


そう、鼻くそ監督である。

f:id:yuisheeran:20160617141923j:image
ヨハヒム・レーブは過去4大会においてカメラの前で鼻をほじるという偉業を成し遂げているのだ。

 

ヘッドコーチ時代に、あのユルゲン・クリンスマンの隣で優雅に鼻をほじっていた記録もある。

f:id:yuisheeran:20160617141735j:image

(写真は鼻くそを食べているところを激写)

 

きっと今大会でも鼻をほじると思うので彼がカメラに映った時は注意深く観察して欲しい。


〜前半〜

さて、余談が長引きました。前半。
ドイツのスタメン、ちょっと意外でした。DFはフンメルスが外れ、ムスタフィ。MFはマルコ・ロイスが外れ、ドラクスラーとなってました。
フンメルスは好きな選手なので個人的には出て欲しかったですけどね。結果的には両者とも活躍しているのでレーブの采配は当たったと言えるでしょう。

 

ちなみに、マリオ・ゴメスがゼロトップです

ゼロトップは偽の9番とも呼ばれており、ここ最近の国際大会ではEURO2012のスペインが有名ですね。

(この時はセスクがゼロトップでした。)

 

 

ドイツはいつも通り、クロースが司令塔となって攻撃陣を引っ張る。
最初に打ってきたのはドイツ。ドラクスラーが中に切り込んでからのシュート。これはキーパーに止められます。

ウクライナは主にサイドから(特に左サイド)の攻撃でした。
注目選手の二人、コノプリャンカとヤルモレンコがサイドアタッカーですからサイドを使わない手は無いという事でしょう。ちなみに、ヤルモレンコは予選でチーム最多の6得点を記録しており、得点力のある選手です。

ヤルモレンコ↓

f:id:yuisheeran:20160617142726j:image


ウクライナのフェデツキが粘り、クロスからコノプリャンカのシュート。
う〜ん、このシーンは惜しかった。

 

 

ドイツ、FKを獲得します。
クロースのFKをムスタフィがゴール!!ドイツ、1点目。

 

ウクライナ、コノプリャンカのコーナーからのクロスをハチェリディがヘディング。ノイアーの好セーブで得点を防ぎます。このコノプリャンカという選手はクロスの質が良いです。 

 

ウクライナの決定的なシーン。ヤルモレンコのクロスからコノプラャンカのシュート!!これは決まってもおかしくなかった!しかし、ボアテングが奇跡的なクリア。入ったかと思ってましたがボールはライン上でしたね。ボアテングはよく身体を入れ込んだなと思いました。身体能力が高さを活かしたスーパープレーでした。

 

 

 

〜後半〜

ボアテングのパスからドラクスラーのシュート。このシュートは決まりませんでしたが、ドラクスラー頑張ってました。この大会を機に再ブレイク出来るといいね。(上から目線)

後半も残り少なくなってきたところ、ムスタフィからカウンター。左サイドからエジルのクロス。途中出場のシュバインシュタイガーが右サイドから駆け上がってきてゴール!!
ピッチに立って数分でゴールを決めるシュバインシュタイガーもさすがですが、レーブの采配はやはり素晴らしい。(鼻くそほじくりまくるのはアレだけど。)

 

2-0でドイツ勝利。
ウクライナも良かったんだけどな〜
ドイツと言ったら世界屈指のキーパー、ノイアー様なんだけど、ウクライナのGKピアトフもなかなかの好セーブを連発していた。予選では7つのクリーンシートを記録したらしい。サッカーはゴールを見るのは勿論の事、キーパーの神がかったセーブを見るのも興奮する。

 

あと、レバークーゼン時代に好きだったシュールレも途中出場してました。何本かシュート打ってましたが、決められなかったです。予選ではハットトリックを決めたので期待しておこう!