サッカーファンの試合記録

ファン目線の感想

フランス対ルーマニア

サッカーの祭典、EURO2016が始まりました。サッカーに夢中になったきっかけがW杯南アフリカ大会でして、そこから海外サッカーに魅了されていきました。サッカー経験もない素人で間違いは沢山あると思いますので悪しからず。自己満ブログ、感想程度で書いていきます。まだ10代なので駄文お許し下さい。

 

開幕戦はフランス対ルーマニア

試合結果は2-1でフランスの勝利。

 

〜前半〜

フランスの圧倒的優勢を誰もが予想していたが、期待を裏切られた印象だった。ルーマニアは予選でわずか2失点と堅守のチーム。フランスの豊富で優秀な攻撃陣にも臆せず、堅実に守っていた。また、守備で満足する事なく、攻撃面ではチャンスを活かせていたと思う。ミハン・ピンティリは攻守のバランスに優れており、良い選手だ。フランスの注目選手の1人、グリエーズマンは飛び出しが上手い。残念ながら決められなかったけれど、惜しいシーンが幾つかあった。

 

〜後半〜

後半はようやく、フランスが本領発揮し始めてきた。といっても、攻撃が何回もダレる場面があり退屈な時間が長かった。
MVPは全員一致でパイエだろう。
どこかイマイチなフランスの攻撃を活性化していたし、チャンスは殆ど彼が作っていた。
ポグバは相変わらずの身体能力の高さやスルーパスで敵を圧倒していたが、パイエ程の活躍は見せなかった。

 

〜点数〜

先制はフランス。ジルーの高さを活かし、ヘッドでゴール。その後、エブラのファウルでPKを取られ、ルーマニアに1点。後半のぎりぎりの時間にパイエが素晴らしいミドルシュートを決め、なんとかフランス勝利。

 

簡単に書き留めるとこんな感じです。スイスの戦いぶりはまだ見ていませんが、このままだとルーマニアに2位の座を奪われそうな予感.....!(つД`)ノ